english  日本語  česky 

高度な検索
na_celou_sirku
Photo: Embassy of the Czech Republic in Tokyo
注釈 印刷 Decrease font size Increase font size

チェコ共和国大使、ホストタウンの高知を訪問

2021年7月7日から9日にかけて、チェコ共和国大使マルチン・トムチョはオリンピックの事前キャンプ実施に向け、ホストタウンとしてチェコ代表チームを支援する高知県、高知市、須崎市を訪問しました。
 

訪問初日は須崎市を訪れ、ボートとカヌーのキャンプ地となる須崎市楠瀬耕作市長を表敬し、カヌーのチェコ代表チームが実際にオリンピックに向け今週からトレーニングを開始する施設を視察しました。チェコのカヌーチームは5年前から須崎市浦ノ内カヌー場で合宿を重ね地元の方々と共に準備を行ってきました。ここ須崎でオリンピック出場直前の7月末までトレーニングを行います。

高知県訪問2日目は、高知県濵田省司知事、続いて、高知市岡崎誠也市長を表敬訪問しました。大使は、選手たちが充実した環境でキャンプを行えることへ感謝の気持ちを伝えました。高知のみなさんはコロナ下となった今も変わらず、心のこもった万全のサポートでチームを迎え入れます。須崎市でカヌーとボート、高知市では水泳と陸上、総勢45名のチェコ代表チームのキャンプがいよいよ今週からスタートします。高知のみなさんの温かい支援を胸にチェコ代表選手たちはそれぞれのオリンピック本番に臨み、素晴らしい成績を残してくれることでしょう。

同日、大使はオーテピア高知図書館を訪問し、チェコ共和国と日本の外交関係樹立100周年を記念するチェコ大使館によるバナー展示を視察しました。この展示はオリンピックの事前キャンプ終了までご覧いただけます。

高知訪問最終日は、高知県立牧野植物園と高知工科大学を訪れました。

ギャラリー


Návštěva Kóči