english  日本語  česky 

高度な検索
na_celou_sirku
Photo: ©velvyslanectví České republiky v Tokiu
注釈 印刷 Decrease font size Increase font size

石川県、富山県でのチェコ・日本交流

チェコ・日本の外交関係樹立100周年を迎え、各県知事と市長及び教育機関の代表者の方々と面会するため、チェコ共和国大使が石川県金沢市と富山県富山市を訪問しました。
 

Česko-japonská spolupráce v prefekturách Išikawa a Tojama

Česko-japonská spolupráce v prefekturách Išikawa a Tojama

金沢大学では、長年チェコの研究者及び研究機関との共同研究に携わっている、同大学の先端宇宙理工学研究センターにお話を伺いました。山崎光悦学長には、チェコ共和国の科学技術が国境を越えて知られるに至ったこれらの研究の成果に対し、同学教授の皆様方と同様高く評価いただいています。また同学は、技術交換及び学生の交換留学を更に発展させていくことにも関心を寄せています。これらは、大使と石川県知事 谷本正憲氏、金沢市長 山野之義氏との面会の際にも話題となりました。

富山県知事 石井隆一氏と面会した際には、新型コロナウイルスの治療薬として効果が期待できるアビガン(ファビピラビル)の製造が今後も積極的に行われることについて、言及がありました。富士フィルムホールディングス株式会社に属する富山化学株式会社が薬の製造に貢献し、チェコ共和国でも実験的に使用されました。富山大学名誉教授 白木公康氏が、研究者の一人として研究に携わっています。

大使は同時に富山県とのガラス造形技術分野における長年にわたる交流を重要視しています。チェコ人の教授が30年間継続してガラス造形技術に影響を与え続けている富山ガラス造形研究所では同研究所第9代目となるチェコ人教授、ガラス作家のヤロスラフ・シャーラ氏のこれまでの貢献についてお話を伺いました。さらに、国内最多を誇る77点ものチェコ人ガラス作家による作品を所有している富山市ガラス美術館では、イヴァナ・シュラムコヴァ展“ここにあるもの“展、またチェコ共和国大使館が作成したチェコ・日本交流100周年記念バナーを拝見しました。

その後、富山市長 森雅志氏、富山市ガラス美術館館長 渋谷良治氏とチェコのビール醸造所であるKOBO Brew Pubを訪れました。同醸造所の代表者であるチェコ人ビール醸造家のイジー・コティネック氏は、富山県でチェコのクラフトビールやチェコ料理を広める先駆者として活躍しています。

Česko-japonská spolupráce v prefekturách Išikawa a Tojama

Česko-japonská spolupráce v prefekturách Išikawa a Tojama

Česko-japonská spolupráce v prefekturách Išikawa a Tojama

Česko-japonská spolupráce v prefekturách Išikawa a Tojama