english  日本語  česky 

高度な検索
注釈 印刷 Decrease font size Increase font size

チェコ・ナショナルデーのレセプションを開催

2019年10月29日、駐日チェコ共和国大使館内において、ナショナルデーのレセプションが華やかに行われました。このナショナルデーは、1918年10月28日にチェコスロヴァキア(当時)が独立した事実に由来しています。レセプションには、日本の両議院の議長、すなわち大島理森衆議院議長と山東昭子参議院議長、それに若宮健嗣外務副大臣が参加されました。チェコ側からは、ヴラジミール・ベルトル産業貿易次官が参加しました。


冒頭の国家斉唱に続いて、マルチン・トムチョ大使が歓迎の辞を述べた後、大島衆議院議長、山東参議院議長、若宮外務副大臣にスピーチをいただきました。チェコ側からは、ベルトル産業貿易次官もスピーチをしました。ご登壇をいただいた方々に対し、あらためて厚く御礼申し上げます。
 

前列右より・若宮外務副大臣、桐渕絵里氏、大島議長、山東議長、石岡史子氏、久保田アシスタント 後列右より・葛村名誉領事、ベルトル産業貿易次官、トムチョ大使

前列右より・若宮外務副大臣、桐渕絵里氏、大島議長、山東議長、石岡史子氏、久保田アシスタント 後列右より・葛村名誉領事、ベルトル産業貿易次官、トムチョ大使



来年2020年はチェコと日本の交流百周年にあたりますので、名誉的な役職であるチェコと日本の「友好大使」の任命式も行われました。任命されたのは、指揮者の小林研一郎氏、『ハンナのかばん』の訳者の石岡史子氏、アイスホッケー選手の桐渕絵理氏で、トムチョ大使から任命状が手渡されました。

このレセプションに日本の両院議長のご参加をいただいたことは、当大使館にとって大変な名誉であると同時に、両国および両国の議員間の協力関係の発展を証左するものです。両国の良好な関係については、先週来日したアンドレイ・バビシュ首相との会談の中で、安倍晋三首相が言及されたばかりでした。

ギャラリー


Recepce ke státnímu svátku ČR v Tokiu 29. 10. 2019