english  日本語  česky 

高度な検索
na_celou_sirku
Photo: MZV ČR
注釈 印刷 Decrease font size Increase font size

クルハーネク外相と茂木外相が会談、「日・チェコ協力のための行動計画」に署名

7日、チェコ共和国ヤクブ・クルハーネク外務大臣はワルシャワにて茂木敏充外務大臣と会談しました。この会談はポーランドが現首長国を務めるV4(ヴィシェグラード4)の各国外相と茂木外相の間で行われた「V4+日本」外相会合に合わせて実施されたものです。

クルハーネク外相は茂木外相との会談に際し、両国間の高度な相互関係について再確認するとともに、一刻も早く新型コロナウイルス感染拡大が終息し、両国間の関係がさらに発展することへの期待を示しました。また、両外相は両国間の経済、文化、教育、自然科学および技術等の分野での協力関係を高く評価しました。

会談では、西バルカンへの政治的・経済的支援におけるV4と日本の相互協力や、人道協力や開発協力等の分野でのEUと日本の相互協力の可能性について話し合われました。また、日本が提示している「自由で開かれたインド太平洋」構想や、中国及び北朝鮮に関する事項についても取り上げられました。

外相会談の最後には、両外相による「日・チェコ協力のための行動計画(2021~2025年)」への署名が行われました。この行動計画は2003年に初めて定められたもので、政治や経済、自然科学、イノベーション、安全保障等、幅広い分野での両国の戦略的パートナーシップを再確認するものです。

 

「日・チェコ協力のための行動計画(2021~2025年)」(英文)(和文仮訳-日本政府外務省HPより)

添付

Akční plán 2021-2025 113 KB PDF (Adobe Acrobat文書) 2021/05/11