english  日本語  česky 

高度な検索
注釈 印刷 Decrease font size Increase font size

チェコゲームを楽しむ秋

チェコ共和国大使館、チェコセンター東京、チェコインベストの主催のもと、2021年9月から10月にかけてチェコのゲーム産業に関するイベントが行われました。チェコのゲームスタジオ5社がオンラインで開催された東京ゲームショウに参加し、チェコセンター東京の展示室においては展示会「チェコゲームの世界」が開催されました。どちらのイベントも「日本におけるチェコ科学・教育・イノベーション年」の一環として開催されました。

2021年9月15日から10月1日にかけて展示会「チェコゲームの世界」が開催され200名以上が訪れチェコのゲームを楽しみました。Amanita Designからは『Machinarium』、『Samorost 3』、『Creaks』、『Happy Game』。Charles Gamesからは、数々の賞を獲得した『Attentat 1942』と新作『Svoboda 1945: Liberation』。実際に起きたチェコ現代史の出来事を興味深い手法で追体験できる歴史アドベンチャーゲームとなっています。モバイルゲームのジャンルにおいてはMadfinger Gamesから三部作シリーズの『ShadowGun Legends』や、『Dead Trigger 2』、そしてVR専用の『Monzo VR』。インディーズからはCBE SoftwareとGoldKnightsが出展しました。モラヴィアの森を舞台にした大ヒットホラー・アドベンチャーの『Someday You’ll Return』が、GoldKnightsからは、オリジナリティの高いヴィジュアルが魅力のアクションRPG『The Last Oricru』が展示されました。中世を舞台にした歴史ゲームで、DMM GAMESの配給で日本語版がリリースされたWarhorse StudiosのRPGゲーム『Kingdom Come: Deliverance』も展示されました。

チェコセンター東京は、この展示内容をまとめた冊子を作りました。2021年10月22日~24日に開催されるチェコフェスティバル in 東京のチェコセンターのブースにて配布予定です。

9月30日(木)~10月3日(日)の期間、東京ゲームショウ 2021 オンラインが開催されました。コロナウィルス感染症の影響でオンラインで開催されましたが、チェコのゲームスタジオMadfinger Games、Amanita Design、VictoriaVR、CBE Software、  GoldKnightsはそれぞれの紹介ページから自身のゲームの体験版を展示しました。

ゲーム産業は世界でも成長している業界の一つで、チェコのゲーム産業も同様です。両イベントは世界3位のゲーム市場である日本においてチェコの産業の存在感を証明するよい機会となりました。

 

メディアでもチェコセンターの展示会について取り上げていただきました。

MANTANWEB

4Gamer.net

4Gamer.net

Rok české vědy, školství a inovací

ギャラリー


Czech Game Show