english  日本語  česky 

高度な検索
注釈 印刷 Decrease font size Increase font size

チェコ-日本 原子力ウェビナーを開催

2021年9月21日にチェコ―日本原子力セミナーが開催されました。このウェビナーはチェコ側からは駐日チェコ共和国大使館、チェコ共和国産業貿易省、原子力研究センターŘež、日本側からは経済産業省、一般財団法人 原子力国際協力センターの協力のもと実現しました。このウェビナーは両国のエネルギー政策について理解を深めると共に原子力発電所の稼働に関する経験の共有の場となりました。

冒頭では在チェコ日本国大使館の鈴木秀生大使と、駐日チェコ共和国大使館からマルチン・トムチョ大使の代理として経済担当官のオンドジェイ・スヴォボダより挨拶がありました。スヴォボダ担当官からはチェコと日本はどちらも原子力に関してトップの国であり、ノウハウがあり、研究開発に欠かせないインフラも整備されていることが言及され、このウェビナーが、原子力分野において両国の提携が進むきっかけになるはずであると述べました。

続いて経済産業省、チェコ産業貿易省から日本、現在のチェコ両政府の原子力政策、取り組みについて紹介がありました。SMRの開発など革新的なソリューションの他、チェコのドゥコヴァニ原子力発電所の増設計画についても意見交換がありました。その後、一般財団法人 原子力国際協力センター、原子力研究センターŘežより両国の原子力発電所についての説明がありました。最後に、東京電力より2011年に起きた福島第一原子力発電所の事故からの経験の共有がありました。

今後、一般財団法人 原子力国際協力センターの代表者は状況が許せば本年中にチェコへ渡航し、チェコ産業貿易省、電気事業者ČEZ、自治体などを訪問する予定で、状況が許せば来年にはチェコからも代表団が日本へ来訪する予定です。

このウェビナーは本年掲げている「日本におけるチェコ科学・教育・イノベーション年」の一環として開催されました。日本のパートナーと提携したいと考えているチェコの大学、研究機関の代表者が参加しました。駐日チェコ共和国大使館は引き続き、原子力分野における科学・研究分野における提携を支援していきます。

Rok české vědy, školství a inovací

ギャラリー


JICC CVR Webinar 210921