english  日本語  česky 

高度な検索
注釈 印刷 Decrease font size Increase font size

V4+日本

科学技術振興機構(略称JST)国際科学技術部は、日本とヴィシェグラード4カ国(V4)との間で研究支援機関との協力に関する覚書を締結しています。国際ヴィシェグラード基金(IVF: International Visegrad Fund)、チェコ教育青年スポーツ省(MEYS: Ministry of Education, Youth and Sports of the Czech Republic)、ハンガリー科学研究基金(OTKA: Hungarian Scientific Research Fund)、ポーランド国立研究開発センター(NCBR: National Center for Research and Development of Poland)、スロバキア科学アカデミー(SAS: Slovak Academy of Sciences)がファンディングエージェンシーとなっています。

現在は2021年に向けた共同事業の準備が進められています。日本と2か国~4か国の間で新型コロナウィルスに対抗した先端材料、レーザー技術・素材の分野に特化したものになると思われます。

 

日本国外務省より抜粋
「V4+日本」対話・協力における日本の取り組み

2003年8月の小泉総理(当時)によるチェコ及びポーランド訪問,2004年10月のハンガリー首相訪日時に,我が国とV4との間で「V4+日本」対話・協力を推進していくことで合意しました。
2013年に行われた初の「V4+日本」首脳会合でも確認されたように,V4諸国と日本は,民主主義,法の支配,人権,自由及び市場経済といった普遍的価値及び原則を共有する重要なパートナーです。東欧諸国の民主化及び市場経済化といった地域の課題への取り組みや,安全保障,経済,科学技術,イノベーションの分野においてもますます協力を深めています。
外相,高級事務レベルの対話に加えて,観光,経済・投資促進,経済協力等の分野において「V4+日本」協力が進められています。