english  日本語  česky 

高度な検索
注釈 印刷 Decrease font size Increase font size

ザートペク選手のマンガがチェコ語弁論大会の参加者の手に

日本におけるチェコスポーツ年の一環として、今年のチェコ弁論大会の参加者は、チェコの著名なマラソン選手であるエミル・ザートペクを描いた漫画『ザートペク-限界からの挑戦-』(ヤン・ノヴァーク作、ヤロミール・99画)を受け取りました。


エミル・ザートペクは、陸上の世界で一時代を築き上げた選手として記憶されています。オリンピックの長距離種目で、4個の金メダルを獲得しました。自らの可能性を絶えず押し上げようとする彼の姿勢は、「限界を感じた時こそ挑戦せよ!」という言葉に表れています。この本は、ザートペクの輝かしい成績のほか、生涯の伴侶となったダナ夫人との馴れ初め、当時の社会主義国家チェコスロヴァキアへの姿勢についても触れられています。