english  日本語  česky 

高度な検索
na_celou_sirku
Photo: ©Japan Sumo Association
注釈 印刷 Decrease font size Increase font size

大相撲優勝力士にチェコ国友好杯授与

2020年11月22日、東京の両国国技館において大相撲十一月場所の千秋楽が行われ、貴景勝関が優勝しました。新型コロナウイルスが猛威を振るう中でも授与式は厳かに執り行われ、表彰状とチェコ製のクリスタルグラスの友好杯が、駐日チェコ大使館の代表者によって、貴景勝関に渡されました。

すでに半世紀前の1970年から、大相撲の優勝力士に駐日チェコ大使から、ハンドメイドの友好杯が授与される伝統が続いています。今回、マルチン・トムチョ駐日大使の名代として、オンドジェイ・スヴォボダ経済担当官が表彰式に出席し、照ノ富士関を寄り切って優勝決定戦を制した、24歳の大関貴景勝関に友好杯を渡したのでした。貴景勝関、おめでとうございます! このまま好調を維持して来場所も勝ち進めば、横綱になる日も近いでしょう。

 

貴景勝関に賞状を授与するスヴォボダ経済担当官

貴景勝関に賞状を授与するスヴォボダ経済担当官