english  日本語  česky 

高度な検索
na_celou_sirku
Photo: © Velvyslanectví ČR v Tokiu
注釈 印刷 Decrease font size Increase font size

美智子皇后陛下の「変わらぬ原作、変わり続ける翻訳 ―日本とK・チャペックの文学」展行啓

2018年3月23日、チェコセンター東京にて開催中の展示「変わらぬ原作、変わり続ける翻訳 ―日本とK・チャペックの文学」をご鑑賞に、美智子皇后陛下が行啓になりました。

チェコ大使のトマーシュ・ドゥプ大使夫妻およびチェコセンター東京の高嶺エヴァ所長が皇后陛下をお出迎えしました。

展示室にてご鑑賞の際には、カレル・チャペック記念館のクリスチナ・ヴァーニョヴァー館長、実践女子大学助教であり本展の企画者でもあるルカーシュ・ブルナ氏、そしてチャペック作品の翻訳を手がける、専修大学の石川達夫教授が同席しました。

その後の歓談の席では、カルロヴィ・ヴァリで作られたカレル・チャペックの陶器の胸像と、カレル・チャペック自身の署名が記された「イタリア紀行」(1926年)が、クリスチナ・ヴァーニョヴァー館長より贈られました。「イタリア紀行」の装幀は、カレル・チャペックの兄であるヨゼフ・チャペックが手がけています。

美智子皇后陛下は、幼少期よりチャペックの児童文学に親しんでおり、非常にお気に召していると懐かしんでおられました。

 

ギャラリー


Japonská císařovna Mičiko navštívila výstavu "Sto let s překlady Karla Čapka"